少子高齢化が進む中で需要が高まっている職業といえばやはりヘルパーです。現在、そしてこれから先の未来においてもその需要は高まる一方とされています。

そして高齢者の増加と共に増え続けている多くの介護施設において、ヘルパーの資格を持っているのと持っていないのとでは就職に大きな差があります。そのため介護施設で働くことを考えた場合、まずはヘルパーの資格を取得することから始めるとよいでしょう。

こうした背景からヘルパーの資格取得を目指す人は多いのですが、介護の仕事にに年齢制限などはありませんので、出産や育児を経て、これから社会復帰を考えている主婦などにとって取得しやすい資格となっています。また定年退職後の仕事として介護職を考える方も増えています。

そして何歳になってもヘルパーとして現役で働くことができることもメリットといえるでしょう。ヘルパーの資格には色々なものがありますが、まずは基本的な知識と技能を身に付けるためにも、介護職員初任者研修などから始めてみるのもよいでしょう。

まとめ
資格取得に年齢制限なし
年齢や学歴の制限はなく、どなたでも受講できる入門資格です